加古川・高砂・明石地域 メガネのやまもと|選ばれる理由

pageimg

技術・信頼・安心

  • HOME
  • 技術・信頼・安心

技術

『よく見える』のは当たり前 目指すのは『快適なメガネ』

測定(お客様のレンズ度数を決定する)

  •  多数の測定理論を熟知し、状況に合わせて使い分けられる経験豊富なスタッフが丁寧に測定致します。
    お客様の『ピッタリ』をご提案致します。    


    image

加工(メガネを作成する)

  • お客様よりご注文頂いたメガネをより早くお届けすることは大切です。

    ただ、私達には創業当時より守り続けている「こだわり」があり、その考えのもと日々眼鏡加工を行っています。

    【第一にメガネとは目の補正器具であり、正確な作製をしてこそ最良の効果を発揮する。そんなメガネを提供する為に、眼鏡店は加工の正確性を高める方法を一番に考えなければならない】

    「仕上がりの早さ」はこの前提の上で技術レベルの向上により
    得られるものであるべきです。

    普段はお見せする事のない加工作業を動画にしました→
    以下が内容の解説です。


    image

レンズ枠入れにおける重要工程 手作業によるサイズ調整

動画でも繰り返し行われているのが、レンズの負荷のもとである“ひずみ”を適切なレベルまで取り除く作業です。
特殊な機器で確認しながら行います。

※フレームの構造によっては“ひずみ”をある程度残す場合もあります。その際もできうる限り微調整を行います。

  • image

    レンズを手作業で削りながらサイズ調整を行い、同時に枠入れした時のレンズ・フレーム負荷が全体に分散されるよう形を整えています。

  • image

    “ひずみ”が確認できる特殊な機器を使い、フレームに固定されたレンズの負荷が適切かを細部まで確認します。

フレームのネジをしめレンズを固定したとき、特殊な機器を使わなければわかりませんが、サイズ微調整前後でレンズの負荷のかかり方が全く違うのがわかります。(メガネの隅に出ている赤く強い光がレンズの負荷“ひずみ”です)

  • image

    サイズ微調整がされていない状態のメガネ ㊨レンズ

  • image

    サイズ微調整がきっちりされた状態の眼鏡 ㊨レンズ

  • image

    サイズ微調整がされていない状態のメガネ ㊧レンズ

  • image

    サイズ微調整がきっちりされた状態の眼鏡 ㊧レンズ

加工を丁寧に行う事でメガネにかかる負荷を最小限にし、本来の性能を引き出すことができます。

数ある中からメガネのやまもとをお選び頂き、
仕上がりを楽しみにお待ちのお客様に 
「より良い物をお届けする」
その実現の為、私達はこれからも加工にこだわりつづけます。

フィッティング(顔合わせ調整)

  • 毎日の生活において、身体の一部となり手助けするはずのメガネ。
    そんなメガネが逆に
    ストレスを与えてしまう。
    -絶対にそうなってしまってはならない。

    そんな思いを胸にメガネのやまもとはフィッティング(顔合わせ調整)のスキルアップに取り組んできました。

    快適にご使用頂けるよう、ご購入頂いたメガネの特徴に合わせ、お客様のご希望もお伺いしながら丁寧に行います。

    まずは右の動画をご覧ください→
    以下が内容の解説です。


    image
  • image

           フィッティング前の状態

  • image

                フィッティング後の状態

自分に合うサイズ・質・デザインを選ぶことももちろん大事ですが、全く同じメガネでも、フィッティングの良し悪しによってガラリと印象がかわります。
動画ではメガネの見栄えも含め、快適さに大きな影響を与える箇所をそれぞれ修正していく作業を行っています。

次に
様々な角度からのBefore・Afterをご覧下さい。

Before(フィッティング前)

  • image

    メガネがズレて、右に傾いています。
    これは主に耳の高さの違いや後ろの
    曲げ部分が正しくないことで起こります。
    見え方に悪影響がでる可能性があります。


  • image

    眼とレンズの距離が左右で違ってしまい
    さらにレンズが眼から離れすぎています。
    こちらも見え方に悪影響を及ぼす可能性が
    ありますので注意して調整しています

  • image

    耳の後ろの曲げ位置が遅すぎる為
    メガネがズレ落ちる原因となります。
    また、画像ではわかりにくいですが
    顔の後頭部にしっかりとそわすことが
    出来ていません。

  • image

    右耳と同じように曲げ位置がかなり後ろ
    になり、左耳とは逆に後頭部の神経が
    集中する部分にあたっています。
    特に長時間ご使用の場合、負担となり
    痛みの原因になりえます。

After(フィッティング後)

  • image

    鼻あてが適した位置にフィットして
    メガネがしっかりとかかっています。
    左右の傾きも調整されています。

  • image

    眼とレンズの距離が適した位置になり
    左右のバラつきも調整されています。
    これでメガネ本来の最適な見え方を
    お客様にお届けすることが出来ます。

  • image

    耳の後ろの痛くならない部分に
    しっかりフィットさせることで
    メガネ特有のジワジワとした
    痛みもなくご使用いただけます。

  • image

    適切な位置にフィットさせることで
    左右バランスよく荷重が分散され、
    メガネが軽く感じることもあります。


かけ具合の良し悪しでメガネの快適さは格段に変わります。

「メガネのやまもとをご利用頂いているお客様に、より快適にご使用頂きたい」
その思いを実現させる為、私達はこれからもフィッティングにこだわり続けます。

メガネのやまもとは創業より半世紀にわたり培ってきた経験をもとに、これからもお客様の「快適」を様々な角度からサポートしつづけます。

信頼

地域密着の7店舗!!
  • あなたがどのメガネ店で購入するかを考える時、「価格」や「保証」はもちろん重要な要素だと思います。メガネのやまもとでは
    縁あってお買い求めいただいたメガネを、できる限り長期間快適な状態で使用して頂くための「メンテナンス」の充実こそが最も重要である 
    と考えています。

    メガネのやまもとは創業以来、このことにこだわりつづけ、気軽にお立ち寄りいただけるよう無料の定期点検制度を設けるなど 地域に根ざした店舗運営を行い、皆様からの信頼をいただいて参りました。今後も皆様にとって「最も身近なメガネ屋さん」であることをお約束いたします。

安心

あなたの“困っている”をちゃんと聞けるお店です!!

  • 13歳になるまでメガネのやまもと
    image

    子供の目は、よく見えるという経験を繰り返し発達していきます。幼児が立つ、歩く、走るなどの動作を最初から出来るのではなく、経験として覚えていくのと同じ。13歳までの目はまさに“見る”という経験をして、見ることを覚えていく時期です。仮に視力が低下しても、目に合わせ適切に調整されたメガネをかけることでよく見えると言う経験を積むことが出来ます。そのまま放置したり、目に合わないメガネをかけることは、目の発達にとって望ましくありません。眼科の診断に基づく処方箋をご持参いただき、信頼できるメガネ店で適切なメガネをお求めください。
    メガネのやまもとでは県内で初めて子ども専用の保証制度を設け、子どもの成長期におけるビジョンケアに努めてまいりました。  
    現在に至るまで多くのお客様に支持されています。

  • 20代・30代の目の難しさ
    image

    見るという経験を積んできた20代30代の目、見えるのは当たり前です。ただ近年は生活環境の変化により、目に多大なストレスがかかっています。
    両方の目の見え方、左右のバランス、表面化していない目の機能の不全によってこのストレスは変わってきます。20代・30代の目は“見えるので問題が表面化しにくい”のです。
    疲れやすい、たまに月がダブって見える、1か所を凝視できない、近い距離を見るのがうっとうしいなど、今までのメガネで解決できなかったことはありませんか?
    目の両眼視機能、目の調節機能に関して訓練された当社スタッフにご相談下さい。

  • 45歳になったらメガネのやまもと
    image

    目に一番トラブルがある時期です。仕事内容が変わった、仕事量が増えた、会社・地域・家庭での責任が増してきたなどの生活環境の変化に伴い「新聞の文字がかすむ」「PCを使うと目が疲れる」「スマホを見る時ピントが合いにくい」などのご経験はありませんか?
    ずっと頑張ってきたあなたの目も45歳ごろを境にグッとデリケートになります。
    これらは”見えればいい”だけのメガネでは解決できません。
    メガネのやまもとでは経験豊富なスタッフが丁寧にお話を伺い、あなたの”困った”を解決できる
    ピッタリのメガネをご提供いたします。

  • そして60歳、目の健康を考えましょう
    image

    手元はメガネがないと見えない。昔はよく見えていたのに急に見えなくなってきた。運転免許の更新で引っかかった。また、白内障、緑内障、加齢黄班変性、飛蚊症。ご友人からそんなお話を聞く機会も増えているかもしれません。
    高齢化時代の到来が言われる昨今、まだまだいろんな場所に出かけたり、いろいろな事にチャレンジしたり、何か新しいことを始めたり。身の回りのことが落ち着いて、ようやくそれらが出来るようになっていたりするのに、見づらさが障害になっていませんか?
    あなたの“困った“を丁寧にお伺いし、あなたにピッタリのメガネを作製いたします。


    また、メガネのやまもとでは白内障術後保証を設け、白内障術後の方の目をサポートしております。


▲ ページトップ